VisualStudioでVHDL編集する (2)

前 VisualStudioでVHDL編集する (1) V3SのTrialライセンスは1ヶ月間のみ有効 1ヶ月後は使えないので、それ以上使いたいならライセンスを買う必要がある。 ここではPrivateライセンスの購入方法を解説する。 Privateライセンスを買う V3Sのライセンス体系はこ…

VisualStudioでVHDL編集する (1)

V3SというVisualStudioのアドインを使う。 開発元はViDE-Software ライセンス形態はこんな感じ。 自分は1ヶ月のTrialライセンスを使ってみて、良さそうだと感じたのでPrivateライセンスを購入した。 Trialライセンスを使う VisualStudioをインストールする V…

PC購入

使用していたPC(HP Z400)がOSの修復中から起動しなくなったので新しいPCを購入。 (セーフモードですら起動しなくなった) CADとかするだろうということでWorkstationなんぞを使っていたけれど、ぶっちゃけCADなんかやらなかった。 今回は、CPUはCore i7と…

7セグメント・デコーダ

7セグメントLEDのデコーダをモジュール化した。 iValue(4bit)に応じた値 (0-F) を出力する。 デコード値はconstantで設定している。 kDigitがデコード値を格納した2次元配列になっていて、 例えばkDigit(3)は7セグメントLEDで3を表示する値となる。 iValueの…

(DE0-CV) DE0拡張キットのLCDモジュールを使う (5)

前 (DE0-CV) DE0拡張キットのLCDモジュールを使う (4) (4)で作成したVHDLを使ってLCDモジュールを動かしてみました。 これがそのときの写真です。 ( ^ω^)・・・薄くね? これでもコントラストはGND直結の最大状態……。 まぁ、本来は5V動作のものを3.3Vで…

(DE0-CV) DE0拡張キットのLCDモジュールを使う (4)

前 (DE0-CV) DE0拡張キットのLCDモジュールを使う (3) VHDLにする 前回作成したタイミングチャートをVHDLにしました。 サンプルとしてQuartusのプロジェクトも置いておきます。 (Quartus Prime Version 16.1.0 Build 196 10/24/2016 SJ Lite Edition で確認…

(DE0-CV) DE0拡張キットのLCDモジュールを使う (3)

前 (DE0-CV) DE0拡張キットのLCDモジュールを使う (2) タイミングチャート データシートからタイミングを確認します。 DE0拡張キットのLCDモジュールに使われているのはST7066UというICです。 ST7066Uは基本的に一般的に使われるHD44780と互換性があるようで…

(DE0-CV) DE0拡張キットのLCDモジュールを使う (2)

前 (DE0-CV) DE0拡張キットのLCDモジュールを使う (1) プロジェクト作成 TerasicのサイトにDE0-CVのQuartusIIプロジェクトを生成してくれるツールがあります。 下記の[CD-ROM]-[DE0-CV CD-ROM]をダウンロードし解凍します。 Terasic - All FPGA Main Boards …

(DE0-CV) DE0拡張キットのLCDモジュールを使う (1)

2017.05.06追記 DE0拡張キットのLCDモジュールは5V動作品です。 しかし、DE0-CV (DE0も) は3.3V動作のため、使用しないほうが良いと考えます。 一応、電源電圧だけ5VとしてIOは3.3Vでデータライトして動作はしますが、 LCDからのデータリード時に過電圧にな…

(DE0-CV) 約1秒で7segLEDをカウントアップ(0-F)する記述

お勉強メモ DE0-CVでやってますけど、もちろんDE0でも使えます。 library IEEE; use IEEE.std_logic_1164.all; use IEEE.std_logic_misc.all; use IEEE.std_logic_arith.all; use IEEE.std_logic_unsigned.all; entity CountUp7seg is port( --//////////// …